おりものは体調によって匂いを発することがあります。

おりものから甘い匂いがしたら妊娠のサインといわれていますが、本当でしょうか?

この記事では、おりものの甘い匂いで考えられる3つの原因を解説します。

おりものの甘い匂いはエストロゲン(女性ホルモン)が原因

おりものから甘い匂いがしてうつむいている女性の画像子宮や子宮頸管から分泌される液体を、おりものといいます。

おりものの役割は、膣内の自浄作用です。

少しすっぱい匂いがするのが特徴で、多くの女性が自覚した経験があることでしょう。

おりものは、生理周期や体調の変化によって匂いや色を変えることがあります。

中でも甘い匂いがした場合は、女性ホルモンの一種であるエストロゲン(卵胞ホルモン)の増加が原因と考えられます。

エストロゲンが増えると、膣上皮にグリコーゲンという物質が増加します。

その影響で、おりものの匂いが甘く変化するのです。

つまり、おりものから甘い匂いがするというだけでは、健康面で心配することはほとんどありません

エストロゲンって何?

エストロゲンは、生理後~排卵期にかけて分泌量が増える女性ホルモンです

卵巣にある卵胞という場所で作られています。

エストロゲンのは「女性をキレイにするホルモン」といわれることが多く、心身の調子を整える働きを持っています。

たとえば、肌や髪を美しくしたリ、骨の健康を維持したり、精神状態を安定させるのもエストロゲンの働きによるものです。

いつも生理後の約2週間は調子が良いという人は、エストロゲンの影響を受けていると考えられます。

妊娠初期症状でおりものから甘い匂いがすることも

妊娠している女性の画像

妊娠を希望している女性の場合、おりものの甘い匂いが妊娠初期症状のひとつである可能性があります

匂いの感じ方は個人差がありますが、ヨーグルトのような甘酸っぱい匂いと感じるケースが多いです。

妊娠の可能性がある理由も、エストロゲンにあります。

エストロゲンは、子宮内膜を厚くして受精卵の着床を助けたり、子宮内の環境を整えたりと、妊娠を助ける働きも持っています。

妊娠したら妊娠を維持するためのプロゲステロン(黄体ホルモン)が増えるようになるので、その前段階でエストロゲンの影響でおりものから甘い匂いがするケースがあるのです。

ほかにはどんな妊娠初期症状がある?

妊娠初期症状では、おりものの量が増えたり、水っぽくなったりすることがあります

このほか、生理予定日より少し早い時期にわずかな出血が起こることもあります。

ただし、妊娠初期に現れる症状は個人差が激しいです。

おりものから甘い匂いがしたかどうかで判断するのではなく、ほかに体調に変化がないかどうかも重視しましょう。

そして、妊娠の有無は、必ず病院で検査をして確かめてくださいね

性感染症でおりものから甘い匂いがするケースに注意

カップルのイメージ画像

性行為をしているけど、生理が来ているので妊娠の可能性はないだろうという女性は、おりものの甘い匂いのほかに、気になる症状がないかチェックしてみましょう。

おりものが黄色くなっていたり、デリケートゾーンのかゆみが気になる場合は、性感染症の可能性があります

性感染症は症状を自覚できることが少なく、おりものの変化が貴重な病気のサインとなることがあります。

放置していると将来的に妊娠が難しくなる可能性もあるので、早めに対処することが大切です。

おりものの甘い匂いで考えられる性感染症は、クラミジア感染症とトリコモナス膣炎です。

クラミジア感染症とは?

クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチスという微生物によって生じる性感染症です

国内で最も多くみられる性感染症ともいわれ、若い女性の感染者も少なくありません。

潜伏期間が1~3週間あり、少しずつ症状があらわれますが、いずれも軽症なので自覚することが難しいです。

おりものの匂いが強くなったり、黄色くなったり、量が増えるほか、下腹部痛や性交痛が起こるのが特徴です。

放置していると、パートナーの男性に感染して尿道炎が起こるほか、女性自身も妊娠が困難になる可能性があります。

早めに治療すれば、抗生物質の服用で2週間程度で治すことが可能なので、早めに医師の診察を受けましょう。

トリコモナス膣炎とは?

トリコモナス膣炎は、トリコモナス原虫という寄生虫によって起こる性感染症です

多くの場合、性行為から3~7日後に症状が現れます。

膣全体に炎症が起こるのが特徴で、おりものは悪臭を放つようになります。

最初は甘い匂いと感じても、次第に匂いの感じ方が変わってきた場合は注意が必要です。

このほか、おりものが黄色~黄緑色に変わったり、デリケートゾーンに強いかゆみが起こったりすることがあります。

一方で男性に感染しても、症状が出ることはほとんどありません。

放置していると、妊娠しても早産を招いたり、ほかの膣炎を合併させるおそれがあります。

こちらもやはり、早めの対処が大切です。

治療は、飲み薬や膣剤を使って行います。

トリコモナス原虫は生命力が強く、再発しやすいため、しっかりと治すようにしましょう。

カンジダ膣炎でおりものが甘い匂いになることも

お腹が痛くて辛そうな女性の画像

妊娠の可能性はなく、性感染症の感染も心配ないという人でも、気になる症状がある場合は注意が必要です。

カンジダ膣炎にかかっている可能性があります。

カンジダ膣炎になると、デリケートゾーンに強いかゆみが走ったり、腫れやただれが起こることがあります

また、おりものが増加したり、白くポロポロとするといった傾向も強いです。

カンジダ膣炎は、疲労やストレスによる免疫の低下や、デリケートゾーンの蒸れ、ピルや抗生物質の使用などによって起こることがあります。

カンジダ膣炎とは?

カンジダ膣炎は、カビの一種であるカンジダ菌が繁殖することで起こる病気です

性行為の有無に関係なく、多くの若い女性がかかりやすい病気となっています。

早めに対処すれば、3日程度で症状を抑えることができます。

ただし、きちんと治すためには最低でも2週間の治療が必要です。

カンジダにかかったのが初めてであれば、婦人科で薬を処方してもらいましょう。

2回目以降であれば、市販の治療薬の使用も可能です。

免疫力の低下などで再発しやすいため、治療の後は生活習慣を見直すようにしましょう。


この記事を読んだ人は
↓ こんな記事もチェックしています ↓

>デリケートゾーンを限りなく無臭にするたった3つの対策


まとめ

おりものの匂いといえば「すっぱい」というイメージが強いため、甘い匂いがすると驚きますよね

基本的には、生理周期にともなう女性ホルモンの変動が原因なので心配ありませんが、ほかの症状も出ているなら話は変わってきます。

どんな症状があるのか、妊娠や性感染症の可能性はあるのかといったシチュエーションによってある程度は原因を特定できますが、いずれにしても早めの対処が必要です。

放置せずに医師に相談するようにしましょう

おりものから甘い匂いがして悩んでいる女性の画像

nayami64では信頼に値する情報提供を心掛けています。ですがあなた自身の医療的な問題の解決を要する際は、自分自身で可能な限り早急に医者へ相談、および適切な病院等を受診するようにしましょう。(詳細は利用規約第3条に明記)

ABOUTこの記事をかいた人

nayami64編集部

nayami64編集部です。