大好きなカレとのセックスを楽しんでいますか?

実際に約7割の女性がカレとのセックスでイったことがないと言われています。

そもそもイクという感覚がわからないという女性もかなり多いです。

中イキってやばいくらい気持ちいいって噂では聞いたことがあるけど、実際はどんな感覚なんだろう?

と興味を持つ女子も多いのではないでしょうか。

今回は中イキを経験したことがないあなたのために、中イキの感覚を説明していきたいと思います。

そもそも中イキってなに?

疑問を抱えている女性の画像

中イキという言葉自体知っている人は少ないかもしれません。

中イキというのは、膣の中にあるGスポットを刺激して、挿入したままオーガズムを迎えるということです。

反対語の外イキとはクリトリスを刺激してオーガズムに達することです。

クリトリスは外感神経が集まっているため、オーガズムに達しやすいです。

一方で、中イキは膣内を開発しないとオーガズムに達しないので、クリトリスのように自然とオーガズムを迎えることができません。

ですので、外イキよりも中イキのほうが難易度が高く、中イキを経験した人もかなり少ないです。

中イキの感覚はこんな感じです!

喜びを表現している女性の画像

①:カラダだけじゃなく、心も幸せを感じ続ける

中イキの最大の特徴は、肉体的に気持ちいいだけではなく、お互いのこころの繋がりを感じることもできます。

終わったあとの幸福感も外イキとは比べられないほど湧いてきます。

中イキを経験したことがない人ならわからないかもしれないですが、一度中イキを経験すれば、セックスってこんなに幸せな気持ちにさせてくれるんだと思うようになります。

ずっとこんな風に大好きな恋人と幸せに抱き合えていたいという気持ちが芽生えてきます。

また、今まで恋人との嫌な思い出も、中イキを体験したことによって薄れていき、前向きに付き合って行こうと思うようになります。

②:頭の中が真っ白になり、何も考えられないけどとにかく気持ちいい

中イキのあと、頭が真っ白でカラダもふわふわして浮いているような奇妙な感覚を体感した人が多いです。

腰が抜けたような感覚で、頭の中ではほかのことを一切考えることができず、とにかくカラダの気持ち良さをずっと感じるのに精一杯です。

また、カラダが浮いているような感覚のほかにも、階段を踏み外したような感覚や、ジェットコースターに乗って急降下しているような感覚など、と表現した女性もいます。

一つだけ共通しているのは、とにかく気持ちよかったことです。

また、あまりの気持ちの良さに、ずっとこうしていたいと思うようになります。

③:思わず喘ぎ声が荒くなる

中イキをすると、思わず絶叫してしまう人もいます。

普段のカレとのセックスでは可愛く喘ぐように意識している人もいるのではないでしょうか。

しかし、中でイってしまった場合は、もうそんなことを考えていられません。

あまりの気持ちの良さに、思わず大きな声を出してしまいます。

本人の意識とは関係なく、何が起きてるのかすらよくわかっていないような状態になるので、とにかく絶叫して気持ちのよさを思わず表現してしまうほどです。

息が苦しくなるほど喘ぎ声が響き、終わったあと喉が痛くなることもあります。

④:動物のように本能的にセックスを楽しんでる感覚

女性は男性ほど単純な生き物ではなく、裸を見られる恥ずかしさや、気まずい雰囲気にならないために、パートナーに気を遣ってこころからセックスを楽しめない女性が多いのです。

つまり、セックスにおいて女性は常に理性を働かせて、その理性が邪魔となり、セックスその行為自体に集中ができないです。

しかし、中イキを体験すると、「何これ、気持ちいい」としか考えられなくなります。

カラダも本能的にずっとこのまま気持ちよくいたいので、気づいたら口を大きく開けたまま喘いたり、積極的に気持ちのいい体位を探して自分でカラダを動かしてみたりと、理性がぶっ飛んだくらいセックスを楽しめるようになります。


この記事を読んだ人は
↓ こんな記事もチェックしています ↓

>中イキするための5つの練習方法|1人でできる方法をピックアップ


まとめ

中イキは自分で意識して膣内を開発し、正しいやり方でセックスをすれば、誰でもできるようになります

日本人のセックス満足度は世界中の国の中でもかなり下位のほうに位置しています。

それほど満足のいくセックスライフを楽しんでる人は少ないということです。

一度でも中イキを経験すれば、今までのセックスはなんだったんだろうと後悔してしまうほど、中毒性が高いのです。

中イキができるようになれば、男性も離れたくなくなるので、より充実した恋愛ができるようになりますよ。

明るい女性の画像

nayami64では信頼に値する情報提供を心掛けています。ですがあなた自身の医療的な問題の解決を要する際は、自分自身で可能な限り早急に医者へ相談、および適切な病院等を受診するようにしましょう。(詳細は利用規約第3条に明記)

ABOUTこの記事をかいた人

nayami64編集部

nayami64編集部です。