普段から顔汗ばかりでると悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思います。

ただの運動不足で顔汗ばかり出るときもありますが、中には顔汗の病気にかかっている方もいらっしゃいます。

その顔汗の病気はどんな種類があるのかご説明していきます。

顔汗で悩むのは病気のせい!どんな種類があるの?

水滴の画像。汗のイメージ

顔汗が異常に出る病気があるのはご存知でしょうか?

汗の病気にはさまざまな種類があります。

ただ人よりちょっと多い汗をかいているだけと思ってはいけません

異常なぐらい汗が出る場合、次のような病気の可能性があります。

顔にだけ異常な汗が出る場合

顔から汗がしたたっている女性の画像

ほかのところはあまり汗をかかないのに、顔だけ異常に汗が出る場合は「顔面多汗症」という病気の可能性があります

普段体温調節のためにでる「温熱性発汗」や辛いものなどを食べたときの「味覚性発汗」、そして緊張状態に陥ったときにでる「精神性発汗」以外のときでも大量に汗がでる、なにもしていないのに異常なくらい汗がでる場合にまず疑うのが多汗症です。

そのたくさん汗が出る症状が顔にしか出ない場合、顔面多汗症なのです。

この顔面多汗症ですが、なぜこの病気になるのか原因はわかっていません。

発汗を促している交感神経に異常がでたときに発症するのではないかと考えられています。

まずはおかしいなと思ったら医師に相談しましょう。

顔以外にも異常な汗が出る場合

脇汗を気にしている女性の画像

顔汗だけじゃなくさまざまなところからたくさん汗がでるときは、次のような病気の可能性があります。

局所性多汗症

局所性多汗症は顔もそうですが、手や足、ワキなどの一部分だけ汗が大量にでてしまうことです。

それぞれ呼び名があり、手や足は「手掌足蹠多汗症(しゅしょうそくせきたかんしょう)」、脇は「腋窩多汗症(えきかたかんしょう)」です。

この病気も交感神経に異常がでて発症するのではないかと言われています。

全身性多汗症

先ほど説明した局所性多汗症と背中やお尻といった全身に汗をたくさんかいてしまう病気です

局所性多汗症とは違い、制汗剤を使用できないので薬などで抑える薬物療法などで治療します。

甲状腺機能亢進症

「甲状腺機能亢進症」と聞くと難しい感じが並んでいるうえになんの病気かわからないですよね?

甲状腺機能亢進症の代表的なものが「バセドウ病」です。

バセドウ病ならみなさん聞いたことがあると思います。

体の中にある「甲状腺ホルモン」が異常に促進され、新陳代謝を活発化することにより常に運動しているようなしんどい状態が続きます。

大量に汗をかく以外に動悸や息切れ、体重がどんどん減っていく、イライラするというような症状もでてきます。

自律神経失調症

汗の量をコントロールしている自律神経が乱れると、大量の汗が出やすくなります

また自律神経は体のさまざまなところの働きを調節しているため、自律神経が乱れることにより体が不調になってしまいます。

精神面も弱くなってしまい、ストレスなどによる発汗も増えてしまいます。

糖尿病

糖尿病になり高血糖状態が続いてしまうと、末梢神経に障害がおき「糖尿病神経障害」を発症する場合があります

自律神経も末梢神経なので、先ほど説明した自律神経が乱れてしまい汗が出ます。

また、末梢神経の働きに影響がでると立ちくらみや下痢、または便秘などの症状が出てしまいます。

顔の半分だけ汗をかく病気

困っている様子の女性の画像

顔の半分だけ汗がたくさん出る場合、次のような病気の可能性があります。

大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)

大動脈瘤は血液を運ぶ大動脈にコブができてしまう危険な病気です。

なんの症状もでないので、気付かずに破裂してしまい激しい痛みが急にきます。

交感神経が刺激され汗がでます

縦隔腫瘍(じゅうかくしゅよう)

左右の肺と胸椎、胸骨に囲まれた部分を縦隔といい、この中に腫瘍ができる病気です。

この病気も交感神経が刺激され汗がたくさん出ます

この2つはとても危険な病気で汗だけでは気づきにくい病気でもありますが、顔の片側だけ汗をかく場合は一度病院にいき診察してもらいましょう。

汗が大量に出る場合何科に受診すればいいの?

病院で診察している女性の画像

汗が大量に出ているけど何科にいけばいいかわからなくて、そのまま放置してしまう方も多くいらっしゃいます。

まずは皮膚科の医師に診てもらいましょう

皮膚科では汗を止める薬などを処方してもらえますし、手術や注射などで治療もしてもらえます。

皮膚科にいき多汗症かどうか診てもらい、医師がほかの病気を疑った場合、違う専門家をすすめられると思うので指示に従いましょう。

自分でも分かるくらいにストレスを感じたときや緊張状態に陥ったときなどによる精神面で汗を大量にかく場合は、心療内科や精神科を受診しましょう

ただの汗だと思わずに少しでも異常を感じた場合は受診した方がいいでしょう

まとめ

ただ顔に汗をかいているのではなく、もしかしたら病気かもしれないと疑ってみることも大事です。

なにもしていないのにダラダラと汗がでたりしたら1人で悩まずに医師に相談しましょう

汗かきの体質だから仕方がないと諦めていた方もこんな病気があるんだと理解して、すこしでも自分が当てはまるようだったら早めに受診しましょう。

顔汗に悩む女性の画像

nayami64では信頼に値する情報提供を心掛けています。ですがあなた自身の医療的な問題の解決を要する際は、自分自身で可能な限り早急に医者へ相談、および適切な病院等を受診するようにしましょう。(詳細は利用規約第3条に明記)

ABOUTこの記事をかいた人

nayami64編集部

nayami64編集部です。