デリケートゾーンが玉ねぎ臭い原因は、間違ったケアや病気の可能性などさまざま。

どちらにしても早めに対処することが大切です。

玉ねぎ臭は服の上からも分かるので、パートナーに気付かれることも。

原因と対策を知っておきましょう。

デリケートゾーンが玉ねぎ臭い3つの原因とは?

鼻をつまむ女性の画象デリケートゾーンから玉ねぎのような臭いがする。

そんなときに考えられる原因は、主に3つです。

すそわきが

デリケートゾーンが玉ねぎ臭いときに最も多い原因が、すそわきがです。

すそわきがとは、汗腺の一種であるアポクリン汗腺から出る汗によって、においが生じてしまう病気ことです。

アポクリン汗腺から出る汗に脂肪や尿素などが混ざることが、玉ねぎ臭の原因となっています。

わきがは、デリケートゾーンだけでなく、脇や耳、おへそからもにおいを発するのが特徴です

「すそわきがかも?」と思ったら、ほかの部位のにおいもチェックしてみましょう。

また、わきがの多くは遺伝が関係しているので、両親がわきがの場合は、すそわきがの可能性が高くなります。

雑菌の繁殖

デリケートゾーンのムレや不十分なケアなどが原因で雑菌が繁殖すると、玉ねぎ臭くなることがあります。

人間の汗は本来無臭なのですが、汗をエサに雑菌が増えることで、においが発せられるのです。

雑菌による玉ねぎ臭は、放置しておくと、どんどん強くなるおそれがあります。

日頃のケアが問題なので、早めに対処してにおいをなくしましょう。

性病

性病による症状には個人差があり、場合によってはデリケートゾーンを玉ねぎ臭くさせることがあります。

性病にかかっている場合は、においだけでなく、おりものに色がついたり、強いかゆみを感じたり、下腹部痛が起こったりといったほかの症状も現れることが多いです。

最近の体調を改めてチェックしましょう。

また、性病と言っても、必ずしも性行為で感染するとは限りません

多くの人が利用するトイレや大浴場などを使ったことで感染することもあります。

放置していると、将来の妊娠にも影響を与えるおそれがあるので注意が必要です。

デリケートゾーンが玉ねぎ臭いときの5つの対策

石鹸の画像ここからは、デリケートゾーンが玉ねぎ臭いときの対策をご紹介します。

自分の原因を特定して、それに合った対策を実践してくださいね。

すそわきが専用の石鹸やクリームを使う

すそわきが対策として最も身近なのが、すそわきが専用の石鹸やクリームを使ってデリケートゾーンをケアすることです。

脇のにおいが気になるときに制汗スプレーを使うように、すそわきが専用のクリームでデリケートゾーンの汗を抑えます。

さらに専用のせっけんを使って、デリケートゾーンを清潔に保ちます。

ただし、これらは根本的な治療につながらないので、継続的にケアし続けることが大切です。

デリケートゾーンを清潔に保つ

雑菌を繁殖させないこと、そして汗を抑えるためには、デリケートゾーンを清潔に保つことが大切です。

具体的には、通気性を良くすることを心がけましょう。

化学繊維の下着ばかりを着用していると、通気性が悪くなります。

できるだけ、綿やシルクを使った下着を着用しましょう。

また、ジーンズのようなパンツスタイルのときは、締め付けすぎないものを履いてください。

身体に密着する洋服を着ることも、通気性を悪くする原因になります。

性病チェックキットで検査する

性病の可能性があるといっても、いきなり婦人科で内診を受けるのは抵抗があるという人も多いことでしょう。

そんな場合は、通信販売で購入できる性病チェッカーを使って検査してみましょう。

性病チェッカーなら自宅で検査できますし、メーカーによっては匿名での検査も可能となっています。

また、郵送される際も性病チェッカーと分かりにくい梱包にするといった配慮をしてくれるところが多いです。

性病は種類が多く、自分で病気を特定しにくいので、専門の機関による検査を受けるようにしましょう。

婦人科で性病を治療する

検査の結果、性病と分かった場合は必ず婦人科で治療を受けてください

性病の治療は、婦人科によって処方される薬を使わないと治すことができません。

病気の種類にもよりますが、多くの場合は、診察のときに膣洗浄を行い、その後、原因菌に効果を現す飲み薬や膣錠を処方してもらいます。

パートナーにうつさないためにも、そして将来の妊娠のためにも、早めに治療を開始することが大切です。

もちろん、検査キットを使わず最初から婦人科で検査を受けるのもおすすめです。

美容外科ですそわきがを治療する

すそわきがを治療する場合は、婦人科ではなく美容外科を受診することとなります。

なお、美容外科ですそわきがを治す場合は、原則として保険が適用されません。

治療費はクリニックによって異なりますが、おおむね20~30万程とされています。

治療は主に2種類あります。

ひとつは、デリケートゾーンの発汗を抑える注射を受ける方法です。

手軽さがメリットですが、効果が3~6か月ほどしか持たないので、通院する必要があります。

もうひとつは、すそわきがの原因であるアポクリン汗腺をなくす方法です。

手術によって取り除く方法と、レーザーで焼く方法があります。

高い効果が期待できますが、圧迫が必要で、手軽さに欠けるのがデメリットです。

デリケートゾーンの玉ねぎ臭を予防する4つの方法

手をつなぐカップルの画像デリケートゾーンの玉ねぎ臭予防するためにできる身近な方法を4つ紹介します。

デリケートゾーンの洗いすぎに注意する

デリケートゾーンを清潔にするというと、念入りに洗わなければと考える人も多いことでしょう。

しかし、デリケートゾーンの洗い過ぎは、かえって玉ねぎ臭の原因となるので注意が必要です。

デリケートゾーンには、自分で清潔な状態を保とうとする自浄作用があります。

分泌液などによって、この自浄作用が行われているのです。

しかし、デリケートゾーンをゴシゴシと洗ってしまうと、この分泌液がなくなってしまい、自浄作用が低下してしまいます。

特に洗浄力が強いボディーソープで洗うことは避けてください。

デリケートゾーン専用の石鹸を使わないのであれば、ぬるま湯で軽く洗い流すだけで充分です。

また、ビデの使い過ぎも自浄作用を低下させるので、軽く使う程度にしておきましょう。

おりものシートを使用する

デリケートゾーンのムレの原因には、毎日分泌されているおりものがあります。

おりものが多い人は、おりものシートを使ってデリケートゾーンをサラサラの状態にしておきましょう。

ただし、おりものシートも長時間使っていたらムレの原因となってしまいます。

快適な状態を維持するためにはこまめに取り換えましょう。

トイレに行くたびに取り替えるのが理想的です。

デオドラントグッズでこまめにケアする

体臭や口臭予防をこまめに行うのがエチケットであるように、デリケートゾーンのにおい対策もこまめに行うことが大切です。

デリケートゾーンにも、専用のデオドラントグッズが販売されています。

デオドラントグッズには、制汗の効果があるほか、雑菌の繁殖を抑えたり、消臭効果などが期待できます。

デリケートな場所に使うこともあり、無添加で肌に優しいものが多いのも特徴です。

パートナーと一緒に性病予防する

性病の治療や予防は、パートナーと二人三脚で行うことが欠かせません

女性だけが治療しても、男性がすでに感染してば、再び性行為を行うことで再感染してしまいます。

どちらかが性病と分かった時点で、もう1人も必ず検査を受け、一緒に治療を行いましょう。

また、2人の病気が治るまでは性行為も控えてください。

そして、治療が終わった後も定期的に検査を受けることで、パートナーと一緒に性病を予防しましょう

まとめ

デリケートゾーンは、体調によって色んなにおいを発することがあります。

しかし、玉ねぎ臭のにおいは、ほかのにおいと比べても強烈で、服の上からでも分かってしまうことがあります。

実は気になっているけど言い出せない、というパートナーも多いのですよ。

パートナーに心配される前に、自分に合った方法でケアしてあげましょう

身近な方法でも充分、対策と予防ができますよ。

デリケートゾーンから玉ねぎのにおいがして鼻をつまむ女性の画像

nayami64では信頼に値する情報提供を心掛けています。ですがあなた自身の医療的な問題の解決を要する際は、自分自身で可能な限り早急に医者へ相談、および適切な病院等を受診するようにしましょう。(詳細は利用規約第3条に明記)

ABOUTこの記事をかいた人

nayami64編集部

nayami64編集部です。